――京都

明応の政変――細川政元、将軍・義材を逐って義遐(義澄)を擁立する

事件

管領・細川政元が、堀越公方・足利政知足利義政の異母弟)の子・足利義遐(足利義澄・香厳院清晃)を十一代将軍に擁立。河内に出陣中の現将軍・足利義材(後の足利義稙)に変えて将軍とした。

この時義材は、周囲の反対を押して、畠山政長畠山基家の一族間の抗争に介入して河内に出陣していた。これに不満を募らせていた政元は、政所執事の伊勢貞宗伊勢貞陸父子らの協力を得て前年から計画していたと言われる。

常徳院殿様江州御動座当時在陣衆着到中世房総史年表クロニック戦国全史