――相模

三浦義同、養父・三浦時高を相模三浦新井城に滅ぼす

合戦

相模三浦の新井城主・三浦時高が、養子の三浦義同(扇谷上杉高救の子)に攻められて滅亡した。

義同は時高の養子となったが、後に実子の三浦高教が誕生したため時高と不和となり、相模足柄下郡の総世寺に籠もり、入道して三浦道寸と称していた。

三浦義同は母方の実家である小田原城主の大森氏の支援を受けた。討たれた時高の子・三浦高處は城館から退去したと言うが、その後は不詳。

三浦義同軍 三浦時高軍(城方)
指揮官
  • 三浦義同
  • 三浦時高
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 相模三浦新井城落城
参戦武将
不詳
  • 三浦高處

 

  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
関東戦国史(全)戦国大名里見氏