――相模

山内上杉顕定、扇谷上杉方の相模真田城を攻める

合戦

小田原城を奪取した山内上杉顕定足利政氏の軍勢は、その後相模東部へ転じ、扇谷上杉氏方の上田右衛門尉の相模真田城(要害実田)を攻め、来援した扇谷上杉朝良の軍勢と戦った。

その後長尾景春(長尾右衛門入道・長尾伊玄)出馬の知らせを受けて、山内上杉顕定は、真田城に庁鼻和上杉憲清(上杉三郎)・庁鼻和上杉定為(同蔵人大夫)・上州一揆らを足利政氏に付けて残し、自らは景春迎撃に向かっている。

宇津江氏所蔵文書関東戦国史(全)