――肥前

少弐政資、大内義興に攻められ多久で自害。政資次男・頼高も討死する

合戦

将軍・足利義材(足利義稙)の上意を受けた大内義興により討伐を受けていた少弐政資が、前日に籠城していた肥前晴氣城を逐われ、この日多久城で自害した。享年57。また政資の次男・少弐頼高も、晴氣城から脱出の途次、大内方の千葉興常の手の者に討たれた。

同じく晴氣城から脱出した政資の長男・少弐高経は、二日後に討死し、少弐氏は政資の末子・少弐資元が継いでいる。

大内軍 少弐軍(城方)
指揮官
  • 大内義興
  • 少弐政資
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 肥前多久城落城
参戦武将
不詳 不詳
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返

クロニック戦国全史