――京都

京都龍安寺方丈が細川政元により再興され、石庭が造られる

建築

応仁の乱で焼失した京都の大雲山龍安寺の方丈が、細川政元の援助により再興され、それに伴い石庭が造られた。作庭者は相阿弥とも言われるが確証はない。

龍安寺は政元の父・細川勝元が宝徳2年(1450年)に山荘を禅寺に改めた事により始まる。

クロニック戦国全史