――武蔵

山内上杉顕定、越後からの援軍を得て河越城を攻める

合戦

武蔵立河原の戦いの敗戦後、鉢形城に退いた山内上杉顕定は、弟の越後守護・上杉房能に援軍を依頼。派遣された越後守護代・長尾能景と共に、扇谷上杉朝良の武蔵河越城を攻めた。城方は良く防戦したが、死傷者多数を出している。

山内上杉軍 扇谷上杉軍(城方)
指揮官
  • 山内上杉顕定
  • 長尾能景
  • 扇谷上杉朝良
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 死傷者多数
参戦武将
不詳 不詳
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
北条記関東戦国史(全)