――相模

扇谷上杉朝良、山内上杉氏の援軍を得て、伊勢方の相模権現山要害を攻略する

合戦

扇谷上杉朝良(上杉建芳)は、山内上杉憲房からの援軍を得て、離反して伊勢宗瑞(北条早雲)に与した上田蔵人入道の拠る相模権現山要害を攻略した。

扇谷・山内両上杉連合軍は、同月11日から攻撃を開始、この日夜中に攻略した。

「同年七月十一日、上田蔵人カ籠ル神奈川権現山ヘ、上杉治部少輔入道建芳手勢ヲ率シテ押ヨス、・・・蔵人ハ本覚寺ノ地蔵堂ヲ根城ニシテ、タテ籠ル、神奈川住人間宮某切テ出、戦ヒ負テ城中ヘ引退ク、ヨセ手ノ先陣武州稲毛住人田島某、木戸口ニ進テ相戦フ、諸勢日夜是ヲ攻ム、城兵遂ニ気ヲ屈シテ、同月十九日夜皆退去ス」鎌倉管領九代記

扇谷・山内両上杉軍 伊勢軍(北条軍)(城方)
指揮官
  • 山内上杉朝良
  • 上田蔵人入道(上田政盛?)
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 相模権現山要害陥落
参戦武将
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
新集古案武家事紀所収文書鎌倉管領九代記関東戦国史(全)