――上総

足利高基、足利義明を庇護する真里谷信清の椎津城を攻撃する

合戦

古河公方・足利高基は、対立する弟の足利義明を討つため、下総結城氏、羽生氏、菅谷氏らを率いて上総へ出陣。義明を支える真里谷信清(真里谷恕鑑)の椎津要害(椎津城)を攻めた。

羽生氏や菅谷氏は常総の内海(香取海)沿岸を地盤として水軍力を有したと思われる。この時菅谷氏の大将は常陸土浦城主・菅谷勝貞(菅谷摂津守)であったという(菅谷伝記)。

古河公方方は大軍に打ち勝ち、菅谷勝貞は足利高基から忠節を賞され感状を賜ると言うが、合戦の詳細は不明。

古河公方方 足利義明方(城方)
指揮官
  • 足利高基
  • 菅谷勝貞?
  • 真里谷信清(真里谷恕鑑)?
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
参戦武将
  • 下総結城氏
  • 羽生氏
不詳
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
喜連川文書案書上古文書常総文書下総原氏・高城氏の歴史 <上>関東戦国史(全)