――下総

足利義明、里見上野入道に下総関宿城攻撃を命じる

合戦
足利義明(足利道哲)は、上総の庁南武田氏攻撃を終えた里見上野入道(里見義通)に、続けて下総関宿城の攻撃を命じている。関宿城は古河公方の重臣・簗田氏の居城。

この頃は下総の蕨(和良比掘込城)が対古河公方の拠点で、里見上野入道もそこに陣を張っていたとされる。

喜連川文書案関東戦国史(全)