――武蔵

北条氏綱、武蔵高縄原で扇谷上杉朝興を破り、江戸城を攻略する

合戦

武蔵へ進出していた北条氏綱は、扇谷上杉朝興と武蔵高縄原で衝突し扇谷上杉軍を破った。朝興は江戸城に戻り籠城するが、夜には城を退去し河越城へ退く。

大永四年正月十三日、上杉ノ家老太田源六郎・同源三郎叛逆シテ、北条左京太夫氏綱ニ内通ス、コレニヨリテ、氏綱時刻ヲ移サス、武州江戸城ヘ押ヨス、城主朝興、品川迄出張、氏綱カ先陣ト、上杉カ先勢曽我神四郎某、高縄原ニテ行向ヒ相戦フ、氏綱カ二陣馳付テ、二手ニ分レテ急ニ撃ントス、朝興戦負テ、江戸城ニ引籠ル、氏綱進テ是ヲ囲ム、朝興叶ハスシテ、夜ニ入、城ヲ退去シテ、同国川越ノ城ヘ入ル、翌日氏綱板橋辺マテ、兵ヲ遣シテ是ヲ追ハシム、其後武州住人毛呂太郎・岡本将監等、氏綱ニ属ス、江戸城ヲハ遠山四郎右衛門ニ守ラシム鎌倉九代後記

武蔵品川へ進出した北条氏綱に対して、扇谷上杉方の江戸城将・太田資高らが内応。氏綱は即刻江戸城攻撃に移り、これを迎え撃つ上杉朝興の軍と武蔵高縄原で合戦となった。氏綱はこの戦いで朝興軍を破り、敗れた朝興は江戸城に退いて籠城の構えを見せるが、その日の夜には江戸城を退去した。

江戸城を攻略した北条氏綱は、江戸城代に遠山直景(遠山四郎右衛門)を配置。一方の朝興は武蔵河越城に入った。

北条軍 扇谷上杉軍(城方)
指揮官
  • 北条氏綱
  • 扇谷上杉朝興
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 武蔵江戸城陥落
参戦武将
  • 遠山直景(遠山四郎右衛門)
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
鎌倉九代後記関東戦国史(全)