――下総

足利高基、簗田高助に下総名都借城を攻めさせる

合戦

古河公方・足利高基が、重臣の簗田高助に小弓公方・足利義明方の下総名都借城を攻撃させた。簗田氏は水運も利用して攻撃しているが、戦闘の詳細は不詳。

簗田氏の臣の鮎川美濃守鮎川豊後守が、関宿城から船で出撃。坂川(富士川)沿いの名都借城へ攻め寄せた。この後も名都借城攻撃は続いており、城は容易に落ちなかったと見える。

鮎川氏は下総猿島郡に地盤を持ち、関宿を中心とした水運や水上軍事に深く関わっていたという。

古河公方方 小弓公方方(城方)
指揮官
  • 鮎川美濃守
  • 鮎川豊後守
不詳
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
参戦武将
不詳 不詳
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
関東戦国史(全)