――近江

将軍・足利義晴、越後の長尾道一丸に偏諱を与え、長尾晴景と名乗らしむ

外交

近江朽木谷にあった足利義晴は、越後の長尾為景の要請を受けて、為景の子・道一丸に対して偏諱を与えた。これにより道一丸は長尾晴景を名乗ることとなる。

長尾氏と将軍家との交渉は、長尾氏側が京都駐在の京都雑掌・神余氏が、将軍家側が大館尚氏(大館常興)、大館三河守が行っている。

大日本古文書