――上総

上総の真里谷信清(真里谷恕鑑)没し、家督争いが始まる

生没
足利義明を上総に迎え、小弓公方に奉じた立役者である真里谷信清(真里谷恕鑑)が没した。この前年からの里見家の内紛で足利義明と意見が分かれて勘気を蒙ったままであった。

信清死後、庶子の真里谷信隆と、正室の子である真里谷信応の間で家督を巡る争いとなり、足利義明によって真里谷信応が家督を継承。これを不服とした信隆は北条氏綱の支援を頼み、上総峯上城などに拠って信応に対抗した。

戦国大名里見氏関東戦国史(全)