――下総

原基胤、足利義明を攻めて小弓城奪還を図るも敗死する

合戦

下総千葉氏の筆頭重臣である原胤隆の子・原基胤(原孫次郎)が、足利義明に奪われたかつての居城・小弓城の奪還を企図して侵攻するが、敗れて戦死した。

この戦いでは原氏に従った原朗典(小西原氏)、小西衆の高橋氏、江口氏、佐藤氏、弥富原氏らも戦死。原基胤は小弓城東方の野田村で戦死という。原氏の家督は、当時牛尾氏を名乗っていた原胤清が継いだ。

原基胤は原胤隆の長子と見られ、基胤の名は古河公方・足利高基の偏諱であろう。

小弓公方軍(城方) 千葉軍(原軍)
指揮官
  • 足利義明
  • 原基胤
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
参戦武将
不詳
  • 原朗典
  • 高橋某
  • 江口某
  • 佐藤某
  • 弥富原某
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
喜連川文書本土寺過去帳下総原氏・高城氏の歴史 <上>