――武蔵

扇谷上杉朝興が武蔵河越城で没する

生没

扇谷上杉家の当主・上杉朝興が武蔵河越城で没した。享年50。家督は13歳の子・上杉朝定が相続した。

たびたび相模へ侵攻して来た朝興の死は、相模の人々に安堵を与えたと良い、「当国可為安泰之由、土民百姓風訇耳」と記されている(快元僧都記)。

快元僧都記関東戦国史(全)