――武蔵

北条氏綱、武蔵松山城を攻撃し、扇谷上杉方を破る

合戦

武蔵河越城を奪取した北条氏綱は、武蔵松山城で河越城奪回の準備が進められていると聞き、大軍を率いて松山城へ侵攻。松山城下の戦いで扇谷上杉方と戦い、これを撃破した。

河越城を退いた扇谷上杉朝定は松山城へ入り、ここで陣容を立て直して河越城奪回を目論んでいた。だがこれを聞いた北条氏綱は、先手を打って大軍を率い松山城を攻撃。

この戦いで北条軍は「敵三百余人滅亡」「難波田弾正入道善銀、甥同名隼人、佐々木并子息三人打死」させるなど、扇谷上杉軍を撃破し、町屋近辺を放火して河越城へ引き返した。

難波田弾正父子については、後年の河越夜戦で父子討死ともされており、この戦いでは戦死していないと思われる。

北条軍 扇谷上杉軍
指揮官
  • 北条氏綱
  • 扇谷上杉朝定
兵力
不詳 不詳
損害
不詳 三百人滅亡
参戦武将
不詳
  • 参戦
  • 重傷
  • 討死
  • 寝返
鎌倉管領九代記鎌倉九代後記快元僧都記関東戦国史(全)