――武蔵

北条氏康の弟の河越城代・北条為昌が没する

生没
北条氏康の弟で北条氏綱三男・北条為昌が没した。為昌は相模玉縄城主で武蔵河越城代を兼ね、相模東部から武蔵までの支配を担当していた北条家の柱石であった。

為昌の跡は養子の北条綱成(今川家臣・福島正成の子)が相続し、相模東郡・相模三浦郡・武蔵久良岐郡の支配権と玉縄城主・河越城代の地位を引き継いだ。以後、綱成の系統が玉縄北条氏となる。

関東戦国史(全)