――下総

臼井久胤、下総国に生まれる

生没

千葉氏の臣で下総臼井城主の臼井景胤と、原胤貞の娘の間の子として、臼井久胤が下総国に生まれる。

父の景胤は当時50歳に近く、母の原氏は後妻あるいは継室か。一時千葉氏を離れて小弓公方に与し、その後に千葉氏に復帰した父の景胤が、千葉氏復帰後に重臣の原胤貞の娘を娶ったと思われる。

千葉臼井家譜臼井家由来抜書