――丹波

丹波黒井城主・赤井家清、戦傷がもとで没する

生没

丹波黒井城主の赤井家清が、二年前の合戦で受けた戦傷がもとで没した。家督は子・赤井忠家が継いだが、忠家は当時9歳の幼少であっため、家清の弟・赤井直正(荻野直正)が補佐役となっている。

寛永伝織田家臣人名辞典