合戦

本庄城落城し、本庄弥次郎が戦死する

―越後◆

守護代・長尾為景と、為景に擁立された新守護・上杉定実に反抗した本庄時長は、為景方の中条藤資・築地忠基・安田長秀らの攻撃を受け、居城の本庄城を失った。またこの戦いで嫡男・本庄弥次郎が戦死している。弥次郎は実諱不詳。法名・大休隆公庵主。本庄時長はこの後も抵抗を続けたが、翌年降伏している。